9月のレッスンブログ②

毎月のレッスンブログ

9月のレッスンブログ②

生徒さんの成長や頑張りをたくさん見させていただいた9月♫

3名の生徒さんの様子を少しご紹介させていただこうと思います。

 

○幼稚園生の女の子♫

音階練習、頑張りました!

音階練習は「ドレミファソラシド」を右手→左手→と練習し、最後は両手で合わせます。

ドから始まるものだけでなく、全ての音から始まる音階があるのですが、始まりの音が変わると黒鍵も使うようになり、なかなか複雑です…。

手が小さいうちは、手が黒鍵に指を届かせたり黒鍵から指が落ちないように弾くだけでも大変!

また、『指くぐり』と言って、指をくるんと回すテクニックを使いますので、両手となるとまた難易度が上がります!

 

そんな音階練習ですが、練習を始めた時からスラスラとこなしていく彼女。
指くぐりもなめらかで、とっても上手です。

 

新しい調の音階に進んだ時、まずは声に出して歌い、どんな音を使うかな?と音の確認をするのですが、彼女は歌い終わるとすぐに、ピアノの鍵盤に指を置き、弾き始める準備をします!

早く弾いてみたい!!という気持ちが伝わってくるのがとっても嬉しいです。

これまでに、5つの調(ハ長調、ト長調、ニ長調、イ長調、ホ長調)をクリアしてきた彼女ですが、新しくロ長調を紹介した翌週、なんともう両手で弾けるようになっていました!!

「おうちで、いっぱいひいてきた!」

と教えてくれた、彼女のニコニコ笑顔。

お母さんによると、音階練習が好きで、お家でも自主的に練習してくれていたようです。

新しいことに、難しいことに、ワクワクした気持ちで取り組めるのは、素晴らしいことですね!

 

○幼稚園生の女の子♫

曲の表情を表現できるようになりました!

いつも元気で明るい女の子。
曲も、元気で明るい曲調のものが大好きです!

幼稚園生でも「これはどんな曲かな?」「どんな音が合うかな?」と曲に合った音色を考えますが、それには想像力や聴く力が欠かせません。

 

想像力豊かな彼女は、その音楽や挿絵を元に、楽しくおもしろくお話をしてくれることも多く、また耳もよく聴く力もあるので、明るい音と暗い音などの聴き分けも、よくできます!

どうやら暗い曲や音があまり好きではなく、楽しい曲や音が好き!というのが幼い頃からはっきりしていたのですが、それも、曲調や音色の聴き分けができているからこそですね。

そんなある日のレッスン。
いつも元気いっぱいに演奏する彼女が、とってもしずかな音で弾いています…!!

「○○ちゃん!すごい!どんな曲かなぁって伝わってきたよ〜!!」と言うと、うん!とうなずいて、楽譜に書いてあった指示『しずかに』を、指差していました!

お母さんもたくさん拍手をしてくださり、彼女も嬉しそうでした!

自分自身の好みの曲調というものがありながらも、その曲の表情や楽譜に書かれてあることを自発的に表現できるようになったことが、とても嬉しかったです。

これからも、いろんな音楽や音色を見つけて、ステキな表現をしてもらえたらいいなぁと思います!

 

○小学生の女の子♫

大好きな曲を、暗譜で聴かせてくれました!

弾いてみたい!と選んでくれたお気に入りの歌の曲。
歌の曲は、リズムが難しかったり音域が広かったり…と、メロディだけでも普段の教材よりレベルが上がります。

メロディを全部歌って弾けるようになった頃、今度は左手を付けて両手だね〜と、話していた翌週、連絡帳にこんな風に書かれた付箋が貼ってありました。

「(曲名)、ひきたい がくふなしで!
しらいしせんせい うしろむいててね!」

言われた通り後ろを向いていると、演奏が始まりました。前回一緒に練習したリズムも上手になり、楽譜もなしでスラスラと弾いていく様子が聴こえ、覚えてきてくれたんだなぁ…!と嬉しく思い、拍手をしようとしたところ…なんとまだ演奏が続くのです。

私の想像を超えていました!

まだレッスンでは両手でやっていない所も、どんどん弾いてくれます…!
なんと、最後まで両手で弾けるようになっていました!!

上手になったこと、覚えるまで練習したこと、その頑張りに、演奏を聴きながら涙が出るくらいでした。

「すごい!!嬉しい!!両手すごいじゃない!!」と声をかけると、「ママに教えてもらった!」と満面の笑み。

早く先生に聴いてもらいたい!と練習を頑張っていたと聞いて、その気持ちにも嬉しくなりました。

ピアノを弾くことにおいて、楽譜を見たり、歌ったり、指を動かしたり…といった全ての動作は脳からの指令によるものですが、そのきっかけを作り出しているのは、脳の中でも感情を司るエリアだと聞いたことがあります。

好きな曲を弾きたい、上手に弾けるようになりたい、弾けるようになったら誰かに聴いてもらいたい。
そんな心が、大きな原動力になるんだなぁと実感しました。

 

元々耳がよくお歌も上手なので、歌って弾く練習も得意なのですが、ただ歌って弾くだけではなく、歌うことも弾くことも合わせて音楽を楽しんでいる様子がうかがえます。

また、よく「なるほど!」と言ってくれるのですが、素直に理解できること、もっと良くなるように!と前向きな気持ちで取り組めることも、彼女のステキな所だなぁと思います。

その後、ちょっと難しい前奏も付けたのですが、あっという間に弾けるようになり!
今では、ノールックで横を向きながらでも指を見ないでも弾けるくらいの上達ぶりです!!

音楽を好きな気持ち、ピアノを弾く時の楽しい気持ち、誰かに聴いてもらった時の嬉しい気持ち…

たくさんのステキな気持ちが、彼女の心の中に積み重なっていることを、とても嬉しく思います。

 

私自身も、ピアノを通して、みなさんからたくさんの喜びをいただいていることに改めて感謝したいです。

タイトルとURLをコピーしました